キャバリア|育て方やしつけはいつから?上手なしつけ方や役立つグッズも

こんにちは!CANDY♡ROOMの管理人なちょ(Twitter:@CANDYROOM2))です^^

キャバリアは温厚な性格で
人懐っこく争うことが嫌い
なので飼いやすい犬種と
されています。

初めて犬を飼う人でも育てやすい
ほうだと思います。

今からキャバリアを飼おうと
思っている方やちょうど

飼い始めたばかりだという方は、是非こちらの
記事を参考にしていただければなと
思います!^^

しつけはパピー期(子犬)
がとても重要なんです!

今回はそんなキャバリアの育て方
上手なしつけ方、またしつけの時に
役立つ便利なグッズなんかも
紹介したいと思います^^

キャバリア|育て方やしつけはいつから?

【キャバリアの育て方】

 

『叱る』より『褒めて』育てる
・この飼い主なら頼っても大丈夫だと安心させてあげる

・叱る時と褒める時の言葉は家族で決めて統一させることが大事

 

【キャバリア|いつからしつけるべきか】

 

・1歳までのパピー(子犬)からしつけることが重要
・成犬になってからでは難しい

キャバリアでも他の犬種でも言えることですが
やはり、1歳になるまでのパピーのうちに
しつけてあげることがとても大切です。

パピー(子犬)の頃って

『くぅ〜…クゥ…』

とケージの間から今にも
『出してよぉ…』と言わんばかりに
可愛い声でこちらにアピール
してきますよね。

この時期ってほんとにめちゃくちゃ可愛いですよね><

なちょ

私も、この鳴き声に負けてしまい
可愛いからと何度かケージから
出して抱っこした経験があります。。。

そうすることで、キャバリアって賢いので
『鳴く』=『出してもらえる』
覚えてしまうんですね。

これがいわゆる人間が言う『無駄吠え』
(要求吠え)に繋がっちゃう
原因なんです!

キャンディ

決して無駄に吠えてはないんだけどね

人間でも

『三つ子の魂百まで』

と言うように幼い頃に覚えた
習慣は大人になっても
身についてしまっているものです。

ワンちゃんたちも同じなんですね^^

キャバリア|上手なしつけ方は?

キャバリアの上手なしつけ方は
『叱る』よりもとにかく『褒めて』
あげることが基本になります。

叱るしつけよりも褒めて伸ばして
あげることがポイント!

『叱る』言葉と『褒める』言葉を
家族間でも共有しておくことも大切です。

指示を出す場合も同様に
『おすわり』や『まて』など
家族間で言葉を共有しましょう^^

【叱る】
「ダメ!」・「こら!」・「めっ!」
などあらかじめ家族で決めておくといいですね。
↓ ↓ ↓
[叱る時に気をつけること]

・いけないことをした時に3秒以内に叱る。
・名前を一緒に呼ばない。『キャンディちゃん!ダメ!』←NG×
・絶対に手で叩かない。「手」=「怖い」と覚えてしまうので絶対にやめましょう。

[ポイント]

・叱る時は人間の動きを止めて叱るとより効果的です。
(犬社会では本気で相手犬に怒っている時は動きを止めて怒ります。)
・低音の声で短く叱りましょう。
(だらだらと叱っていると何を叱られているのか混乱しちゃいます。)

【褒める】
我が家の場合は「かしこいね〜!」
頭や体をなでなでしながら
とにかく褒めまくりますw

指示に従った時などは、おやつやドッグフードを
あげてからとにかく褒めまくってます^^

 

[ポイント]

・褒める時は大袈裟なくらいとにかく褒めてあげましょう。
・ご褒美をあげましょう。
・褒める時は頭や体をなでなでしてあげましょう。

 

 

キャバリア|しつけに便利なお役立ちグッズ!

パピー(子犬)のうちにしっかりしつけをすること
が大事なんですが、なかなか簡単に
いかないのも事実…。

そんな時にしつけのサポートをしてくれる
『こいぬすてっぷ 』があると
とても便利ですよ!

こいぬすてっぷ

キャンディちゃんもなのですが

お散歩中も知らない人やワンちゃんに
尻尾フリフリついていっちゃう程

人懐っこくて好奇心も旺盛!

中には、そんなことが苦手な
ワンちゃんもいるので

パピーの間にしっかりしつけ
してあげることはワンちゃん社会にとっても

とても重要なことなんですね!

【お悩み一例】

・トイレのしつけや噛み癖、吠え癖、
無駄吠えが治らない…

・どうやってお手などを教えたらいいの…

・どんなおもちゃが気にいるのか
わからない…

『こいぬすてっぷ 』って…?

なかなか上手くいかない『1歳までのしつけ』
をサポートしてくれるサービスなんです^^

・動物行動学に基づき、子犬のしつけをトータルサポート!

・単品注文や定期便での購入も可能

・愛犬ごとにオーダーメイドされたお菓子、
便利なグッズ、しつけ本が届きます。

・東京大学の獣医師監修

・初回は半額1500円(税抜)

 

月齢に合わせた適切なしつけをサポートしてくれるので
初めてワンちゃんを飼った方やしつけに慣れていない方でも
しつけを行いやすいです。

東京大学の獣医師監修のプログラム
なので、子犬のペースに合わせた
しつけが無理なくできます。

利用者からは『子犬を育てるのが楽しくなる』
などと人気が高く、なんと継続率は94%
ほとんどの方が継続している程、効果も抜群と
言うことですね!!

しつけってとても大事なんだけど
わからないまましていくのも不安な方は
こちらの『こいぬすてっぷ』は
とてもおすすめです^^

こいぬすてっぷ

まとめ

いかがでしたか?

今回は『キャバリア|育て方やしつけはいつから?上手なしつけ方や役立つグッズも』
についてご紹介いたしました♪

1歳までの子犬のうちにしつけることが
大事だとされているしつけ。

我が家のように1歳になっちゃってパピーすぎちゃったよ
って方でも遅くないですよ。

成犬になってからでは難しいと言うだけで
無理な訳ではないですよ^^

大事なのは愛犬との『絆』作りじゃないかなと
思っています。

『絆』ができてくるとワンちゃんにも表情筋が
あるのでほんとに笑ってくれるんですね^^

愛犬の笑顔の為にも日々スキンシップを
とって、笑顔溢れる毎日にしたいですね♪

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!^^

こちらの情報がみなさまのお役に立てると幸いです♪
最後までお読みいただきありがとうございます^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です