ノーベル化学賞吉野彰氏の(妻)久美子さんや子供とは?経歴や家族構成は

こんにちは〜!なちょです♪

スマホやノートパソコンで恩恵を受けているリチウム電池の開発者、

日本人の吉野彰さんがこの度ノーベル化学を受賞されましたね♪

今回は、そんな吉野彰さんを陰ながら支えた妻の久美子さんや

家族について、また、経歴をまとめていきたいと思います♪

 

 

 

ノーベル賞受賞した吉野彰さんとは?

  • 名前:吉野彰(よしの・あきら)
  • 生年月日:1948年1月30日
  • 年齢:71歳(2019年現在)
  • 出身地:大阪府吹田市
  • 趣味:テニス、ゴルフ
  • 職業:エンジニア、研究者、大阪大学博士(工学)、旭化成名誉フェロー
  • 信条:挑戦を恐れないこと

 

大阪は吹田市出身のお酒が大好きな、

吉野彰さんはご近所の方から「あきらちゃん」と

呼ばれている程親しまれているようです。

吹田市出身と報じられてからは、

地元の方から誇らしいと、絶賛の声も^^

 

記者会見でもとても笑顔が素敵で

優しさが笑顔ににじみでている印象だなと思いました♪

 

吉野彰さんは、リチウムイオン二次電池の開発者

1983年に”新しい二次電池”としても呼ばれている

リチウムイオン二次電池を作りだしていて

1985年には基本概念を確立されていました。

 

現在では、リチウムイオン二次電池は

スマホやノートパソコン、デジカメ、

をはじめとした幅広い電子機器に搭載されています。

日常生活では、もはや当たり前に取り入れられていて

IT生活には多大な貢献をしているというわけですね。

 

今後はエコカーや自動車での実用化も進んでいるので

今後もますます期待される見通しです。

 

妻の久美子さんや子供は?

  • 名前:吉野久美子(よしのくみこ)
  • 年齢:71歳
  • 25歳で吉野彰さんとご結婚されてます
  • 子供は3人
  • 居住地:神奈川県藤沢市
  • 趣味:テニス、野球観戦(阪神タイガースのファン)

 

奥さまの名前は久美子さんも彰さんと同様に笑顔が素敵なかたです♪

ノーベル化学賞受賞の時は、次女といっしょに受賞を喜んだそうです。

 

 

経歴や家族構成について

【吉野彰さんの経歴】

  • 1972年:京都大学大学院工学研究科石油化学専攻修士課程修了
  • 1972年:旭化成工業株式会社(現旭化成株式会社)入社
  • 1994年:(株)エイ・ティーバッテリー技術開発担当部長
  • 1997年:旭化成(株)イオン二次電池事業推進室 室長
  • 2003年:旭化成フェロー就任
  • 2005年:論文博士にて大阪大学で博士(工学)の学位取得
  • 2005年:旭化成(株)吉野研究室 室長
  • 2017年:名城大学大学院理工学研究科 教授
  • 2019年:ノーベル化学賞を受賞

 

【家族構成】

吉野彰さんは、妻・長女・息子・次女の3人の5人家族です。

年齢が71歳ですのでもしかすると、

お孫さんがいてもおかしくなさそうですね♪

まとめ

いかがでしたか?

ノーベル化学賞を受賞された、吉野彰さんの

家族構成や経歴をまとめてみました。

吉野彰さんがリチウム電池を開発してくれたおかげで

私たちは快適に過ごせています。

吉野彰さんには感謝ですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です