トイストーリー2のセクハラシーンの動画や内容は?削除され話題に

『トイ・ストーリー2』は1999年に
公開されたディズニー&ピクサーの映画ですが
その『トイ・ストーリー2』の最後に流れる
「NG集」という設定のエンディングで
各キャラクターが登場するシーン。
そこでセクハラを思わせるシーンが
あったそうです。

その問題となったシーンは
悪役のプロスペクターが2人の
バービーを相手にデレデレと口説くような
場面で「君たちって一卵性の双子なんだ?
ウフフフ。君たちにトイ・ストーリー3で
役をあげるよ」と話しかけながら
1人のバービーの手を触る。

カメラが回っていて撮影中だと気づいた
プロスペクターは慌てて
「あっ、ごめんカメラまわっ
てたの?あはは。話ができて嬉しかったよ。
演技についてもしアドバイスが
必要だったらまたいつでも聞いてね」と
話しているシーン。(↓画像のシーン)

↑このシーンがセクハラを思わせるとし、
ディズニーがカットしたことがわかりました。

最新作『トイ・ストーリー4』の公開
(日本は7月12日)を前に再リリースされた
DVDではこのシーンが削除されているそうです。
この削除シーンについてディズニーは
正式には発表していません。

ハリウッドではミラマックスの創業者で映画
プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン
に対し、複数の女性が性的嫌がらせを受けた
ことを告発したことが発端になり
「#MeToo」の運動が活発化しました。

ここ数年で映画界やエンターテインメント界を
はじめ一般社会におけるハラスメントへの
意識が変化してきています。
ディズニーアニメにこのようなシーンが
登場するのは、『トイ・ストーリー2』が
作られた1999年にはキャスティングカウチを
ジョークにしても問題ないという男性主導の
ハリウッドが考えていたことの表れでは
ないでしょうか。
それから約20年経ち、これが冗談でないという
考え方が浸透してきたようですね。
「ようやく」という感じもありますが、
ハリウッドのセクハラに関する意識は確実に
変わってきていると言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です