タピオカの原料は何?栄養ってあるの?太りにくい飲み方も!

私は昔から、あのもちもちした食感が大好きでタピオカを売っている
お店を発見すると必ずと言っていいほど買って飲んでました♪
そんな大好きなタピオカなんですが原料も栄養素も知りませんでした…
今日はそのタピオカについて調査したいと思います!!(・・;)

意外と知らないタピオカの原材料

意外と原材料を知らずに飲んでる人って多くないですか?!
実はあのプニプニ、もちもちした食感の
原材料は「芋」だったんですね!!
見た目はサツマイモのような感じなのですが
トウダイグサ科イモノキ属の植物の根茎で
【キャッサバ】という芋だったんですね!!
タピオカの正体はこの【キャッサバ】という植物でした(゚д゚;)
南米原産のイモの一種でナイジェリア、ブラジル、
インドネシアなどで栽培されていて、ライスヌードルや冷凍うどん、
お菓子の材料などにも使用されているそうです。
静岡県など日本でもで栽培はされています!!
日本でも栽培されてるなんて知らなかったぁ〜!
(◎_◎;)
このキャッサバに多く含まれているでんぷんを取り出して
乾燥させたものがタピオカ粉です。
そして、このタピオカ粉を加工して、水分と一緒に加熱することで
あのモチモチした食感が生まれるそうです!!

タピオカには栄養があるの?

あまり意識したことのなかったタピオカの栄養素ですが
あのプニプニした見た感じ栄養がなさそうなタピオカ
なんですが、主成分はデンプンです。
デンプンは炭水化物ですので体を動かすための
エネルギー源になります。

ゆでた時に炭水化物がゆで汁に流れでるため、
多少のカロリーは下がるのですが、
100gあたりに345Kcalもあり
ご飯100gあたり168Kcalよりも
カロリーは高くなります。
甘いミルクティーやキャラメル味など
トッピングの果物やチョコレートなどが加わると
あっという間にカロリーが高くなってしまいます。
やはり、なかなかカロリーの高い飲み物と言えますね(~_~;)

飲みすぎたら太る?タピオカの落とし穴?

前述でも述べましたが、タピオカは意外にも
カロリーが高い食べ物なので
1杯くらいなら大丈夫!と毎日飲み続けると、
あっという間にカロリーオーバーになり、太る
原因になってしまいます!!

ほぼ、炭水化物の塊なのでダイエット中の方は
気をつけてくださいね!!

太りにくいタピオカの飲み方

太る!と言われても…やっぱり好きなものは
やめられないですよね!私もタピオカ好きなので
やめるなんて無理ですwこれを書いている今も
既にもう飲みたいです!!^^;
飲みたいけど、太るのが気になる方は、太る元となる
甘さを控えてみてください。ミルクなしのミルクティーや
極力甘さを控えたシンプルなメニューを
おすすめします♪

タピオカのまとめ

・タピオカの正体はこの【キャッサバ】という植物
・熱帯地域で栽培されている
・主成分はデンプン=「炭水化物」
・カロリーが高い食べ物(飲み物)
・食べ過ぎると太る
・ダイエット中の方は極力甘さを控えたシンプルなメニューを

私はタピオカキャラメルミルクティーというメニューが好きなのですが
とってもカロリーが高かったんですね…。でも、美味しいからやめれません^^;
主成分がデンプンなので、ほぼ炭水化物のタピオカは腹持ちもいいですし
少し小腹が減ったなんて時はタピオカでお腹が満足できます♪
ダイエット中の方は砂糖やミルクを控えたメニューにして
タピオカを楽しんでくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です